愛車をピカピカにする洗車    コーティングのコツを公開


by machinaga1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

【神戸の車洗車/ディフェンス・コーティング】  監修http://defense-pro.com/seisincar.html

b0142345_18501050.jpg
洗車、コーティング用品販売だけではなく
「直接車にコーティング施工をしてほしい!」
と言う多数のお客様の声にお答えして、
ディフェンスコーティング直営店ならではの
高品質なボディーコーティング施工を大幅なコスト削減により業界常識を破る超低価格サービスがご提供できる様になりました。

 
※コーティング価格表(※ボディ磨き作業 含む)
               施工価格       参考車種
軽自動車       18,000円     ワゴンR、タント、ミラ、ザッツ
小型車         20,000円    ヴィッツ、フィット、マーチ、デミオ
中型車         30,000円    プリウス、インサイト、カローラ
大型車         35,000円    クラウン、セルシオ、シーマ
大型輸入車      40,000円    ベンツ、BMW、レクサス
ワンボックス車    50,000円     アルファード、ハイエース、エルグランド

3大特典   ●毎月 先着5名様 ¥5,000相当メンテナンスキットプレゼント!
        ●洗車キズ、スリキズ、水垢などに対する磨き(ポリッシング)作業
           ¥30,000~¥50,000相当 初回限定無料!
       
        ●オリジナルホイールダストクリーナーを使用しての
          ホイールの汚れ、鉄粉落し¥10,000相当 無料!
☆更に大特価!!    初回コーティング時に下記サービスを併用いただけると
                ● 未塗装樹脂パーツコーティング
                  一台 通常 ¥50,000 → ¥10,000     
                ● ヘッドライト黄み曇り除去コーティング
                    左右セット 通常 ¥15,000 → ¥5,000

============================================================
             お問い合わせフリーダイアル 0120-402-502       
              〒612-2108 神戸市西区伊川谷町前開892 
                      不定休(10:00~18:00)
============================================================      
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-28 19:21 | ご紹介
ボディーの汚れ原因 マメ知識!  監修 http://defense-pro.com/

b0142345_1402583.jpg


【塗装を劣化させる物質】 
紫外線・塩分・タールピッチ・鉄粉・塗装ミスト・チリ・ホコリ・虫アブラ鳥の糞・樹液・
工場煤煙・化学物質等

【塗装を悪化させる原因】 
手荒な扱いによる人為的なキズ、俗に「サンドペーパー洗車」と言われるような洗車
以上のような塗装面にダメージを与えるさまざまな症状を理解する事により、
洗車に対する意識や車に対するいたわり方が 変わって来ると思います。 

【経年劣化(老化現象)】  
時間経過と共に塗面が硬化していき、柔軟性が無くなり艶がなくなって来る。 
タールピッチの付着や紫外線(UV)の攻撃も屋外を走る限り避けられません。 
普段のメンテナンスレベルにより「差」がついて行くのは人も車も同じ事が言えるようです。 

【粒子状飛来物(空中を漂う厄介者)】
鉄粉 
ブレーキダスト・鉄道の線路・工事現場等で発生します。
特に線路脇の駐車場などは避けたい物です。放置しておくと、
塗装面に食い込み錆の原因となります。
 
樹液 
春から夏にかけての成長期に多発します。付着したまま長期間放置すると、
汚れを引きつけて硬化します。 無理に剥がそうとすると、塗装剥離を起こす事もあります。
樹脂成分によっては、塗装が変質する事もあります。ガンコなのは松ヤニ!
アルコールでふやかしてケミカル粘土と磨きで取りますが、シミになってしまったら取れません。
 
チリ・ホコリ 
工場密集地帯や交通渋滞のなかでは、ガス・酸・塩などの化学物質を含んだ
チリやホコリなどにさらされています。 東京などは年間で1.6km平方に
約1000トンもの目に見えないゴミが降り注いでいると言われていますが、塗装に悪い物ばかりです。
さらに直射日光の下では、粘着性・浸透性が高まり変色の原因になります。
(出来れば、屋根付きの駐車場に停めたいものです。)
 
ペイントミスト(外装塗料) 
吹きつけ、ローラー塗装の飛散防止策の不備による被害です。
もちろん工事現場周辺で多発します。工事現場付近の路上駐車は避けましょう。

鳥の糞
成分は複雑でタンパク質、カルシウム、アンモニア、セルロース、砂等を含み腐食成分、
固着成分のはたらきで塗装を傷めます。
虫の体液同様、放置すると酸化が進み変質、変色を招きます。
発見したら硬化する前に取り除きましょう。
硬化してしまったら擦らずに水で濡らしたテイッシュでふやかして除去します。

酸性雨
・酸性雨の正体 
(大気の汚れ×紫外線)+ヒートアイランド現象大気中の汚れがヒートアイランド現象
(都市部の地上気温が周辺部より高くなる現象)により舞い上げられる際に紫外線で酸化される。

・酸性雨 (ph4程度)
雨や洗車の後、塗装面に付いたままの水滴が蒸発する事で酸性雨に含まれていた酸が強くなり
塗装を傷めます。雨の降り始めは特に酸性度が高くレモン汁が降っているようなもので
更に乾くことにより、強い酸になり塗面上のwax分と雨がシリコンを焼きクレーター状の浸食汚染が
輪紋状につきます。(水輪紋)<酸性雨の被害を防ぐには、雨の日、雨上がりの洗車が一番です。> 

【イオンデポジット】
クレーターと同様に水滴が乾いたように見えるシミの事です。
クレーターとは逆に極薄く盛り上がり、全体的に白く見えるのが特徴。
これは、水道水に含まれる成分が、水分の蒸発によって取り残されたもので、
水は面積を減らさず、体積を減らして蒸発するので、王冠状の縁として残ります。
これは意外に多いが、水道水を使用して洗車する以上避けられないが、
水滴を残さず拭き取る事で防げます。

【センザイザンシ】  
洗剤をよく洗い流さなかった場合に起こるもので、上から見ても、その存在は確認出来ます。
水滴が乾いたように見えるシミで、僅かに窪んでいて白っぽく見えます。
洗車の際に落とし切れなかった洗剤が塗装面の状況、水分、酸素、太陽光線などと複雑に
絡み塗装を浸食するものです。これを防ぐには、良く濯ぎ、水滴を残さないように拭きあげるにつきます。
<特に炎天下の洗車には注意!>    

【ウォータースポット】
塗装面上に水滴が残り、水滴をレンズとして直射日光が塗装面を焼いて出来るシミの事。
(虫眼鏡で紙を焦がすのと同じ)太陽光線はクリアー層を通り抜けて、
焦点が合うベースコート面を焼いてシミを作ってしまう。
これは磨いても除去出来ません。防ぐには良く濯ぎ水滴を残さないように拭き上げるにつきます。    
<炎天下の洗車は特に注意!> 


虫の死骸】      
夏など虫の活動期、高速走行中に大量の虫の死骸が付着します。    
シュウ酸、蜂酸などを含み腐食成分や固着成分のはたらきで塗装を傷めます。
更に放置すると紫外線によってさらに酸化が進み、変質変色を招きます。
<無理に擦らず専用ケミカルで除去します。>

【トンボの糞(奇麗な車である証拠)】
夏から秋にかけての活動期に被害が多発します。しかも鏡面仕上げの車に多い。
(水面と勘違いしている向きがある)黄土色や茶褐色の糸のような付着物がガンコにつきます。
太陽熱で焼き付くので洗っても落ちない場合が多い。

塩害
海浜地帯の潮風による塩害の他に、融雪剤、解氷剤(凍結防止剤)の中に
氷点降下剤として含まれる無機塩類による塩害が考えられます。
又、劣化したWAXは空気中の浮遊酸や塩分を吸収し塗装にチョウキング現象を引き起こし
サビを発生させます。サビは塩化物イオンのはたらきで発生を促進させるので、
スキー帰り、海帰りには必ず洗車で除去しましょう。
下部洗浄も高圧洗浄機がお勧め。特にホイルは変色を起こす事もあり、早めの除去を・・・。

【WAXムラ】  
WAXの塗りムラ、ギラツキ、光沢の不安定化を言います。
ワックスの無駄掛け、拭き取りの不徹底が原因です。
WAXは本来0.5ミクロンも載っていれば充分。それ以上は油膜や汚染吸着の原因となるばかりか
余剰WAXが塗装上で熱や紫外線等と反応して焼き付くと酸化して変質、変色のもとになります。

【チョーキング】
塗膜が劣化して光沢を失い、表面に粉をふく現象です。
ソリッド塗装に多い現象で紫外線や強アルカリタイプでの水垢落としのしすぎなどによっても
顔料が破壊され表面に浮き出してしまう現象。

【チッピング】
跳ねた小石などによる塗装の欠損。この欠損が金属部まで達した場合、深刻なサビを発生します。
金属部が見えるようなチッピングを発見したら、サビが発生する前にタッチアップなどで補修しましょう。
重傷のチッピングを放置するとカサブタの様に塗装が浮き出し剥がれます。
こうなると本格的な補修塗装が必要となります。

【スクラッチ】
ヘアラインスクラッチ
一筋の髪の毛のようなキズで、塗装上で粒子状の汚れを引きずってしまった為に出来るキズ。
洗車や拭き取りの際に作ってしまうことが多く頻度が高いのでキズとキズが錯綜し、
ギラツクようなキズを作ってしまいます。(リング光彩)その他鉛筆ラインまで傷つくと
ペンシルラインスクラッチ、10円パンチをコインスクラッチと言います。
 
キズの見分け方 
中性洗剤を滴下した水でキズを濡らします。キズが見えなくなれば磨きで消えますが、
消えないようなら補修塗装が必要です。又、磨きと言ってもキズの深さや、形状によって磨く方向
(浅ければキズに平行に深ければキズに直角に)なども変わるので 要注意。

水垢】      
・塗装面に塗布されたワックスが熱によって溶解して汚れを吸収してしまったもの。    
・ドア廻りやミラーの付け根などからグリースや接着剤がしみ出しこの油に付いたもの。    
水垢とは汚れた油と汚れたワックスの事を指します。
ワックスは塗装面に塗布されると半液体状で塗装に付着して艶と撥水性を保持して
約2週間前後で溶剤が蒸発し続け約7割ぐらいが消滅します。
後に残ったロウ分は、ワックス本来の機能を果たせず大気中の汚れや排気ガス等の汚染物質が
吸着し角質化していきます。これが水垢の発生過程と考えられています。

塗装面には無数の小さな通気穴(ピンスポット)があり、この通気穴には温度の上昇と共に開き、
温度の下降と共に閉じる 性質があり、温度差で伸び縮みし、ピンホールが開いている時は
異物が入りやすくなります。はじめはピンホールに引っかかっている状態でも開閉を繰り返すうち
塗装の中にまで入り込んでしまいます。
<炎天下でのワックス掛けでは拭きムラも塗装内部まで浸透してしまうリスクを考えておきましょう。> 

【雨ジミ】  
ボデイが熱い時に雨が降り、一気に冷やされると雨滴がしみ込んだ状態で
塗装のピンホールが閉じて洗車でも落ちなくなるもの。
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-25 14:32 | ボディーの汚れ原因
「正しい洗車方法」で洗車時の無駄なキズを防ぐ!   監修http://defense-pro.com/

b0142345_13473530.jpg



【最小限の傷】 
  最小限にするには~水の力で汚れを落とす。(水圧を上手く利用する。・水をケチらない)
  洗剤の洗浄力を最大限に発揮させる~ミセル濃度(充分に泡だった状態)水と洗剤が
  程よく混ざった状態が汚れを吸いやすく泡切れも良。
 
【直射日光】
  直射日光をまともに受ける場所では、水、洗剤、WAXの乾きが早く拭き上げが間に合いません。
  特にWAX掛けの被害が一番大!
  「日陰で風が強くない・ボディが体温以下・乾燥する前に拭き取り」が基本です。
  どうしても以上の条件が合わない場合は、
  小分割施工又は拭き上げヘルプを確保すると良いでしょう。
 
【道具の選び方&使い方】 
  全ての道具に言えることは、
  奇麗にクリーニングされている事が基本ツールの汚れ=サンドペーパー洗車を招きます。
  
  ・スポンジは洗車中もスポンジが汚れたらこまめに洗浄して内部に取り込んだ汚れを出して下さい。
  ・タオル類 
    ①ある程度の肉厚があること。
    ②洗濯機で脱水したレベルの湿り気がある。
    ③こまめに裏返す。(水分が中心に移動)
    ④タオルの動きはタテ・ヨコ・タテ(往復させると吸い取った汚れが戻る)
    ⑤セームタイプのクロス(水減らし用には最適)
    ⑥WAX・コーテイング拭き上げ用
     普通のタオルはNG、一番のお勧めはマイクロセーム
   (普通のタオルに比べ値段は高目だが仕上がり精度と耐久性に優れ洗濯もしやすい!)
 
【雨あがり】  
  事前にWAX・コーティング等をしていても雨の後は汚れがボディにのってしまいます。
  雨がやんだらボディに乗った水滴を除去します。 
  <自然乾燥厳禁です>・・・雨はキレイな水ではないからです。 
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-25 13:38 | 洗車方法
樹脂パーツ専用コーティング   監修 http://defense-pro.com/
b0142345_18105810.jpg
※未塗装で傷みやすい樹脂パーツを保護

輸入車に多く使用されている樹脂パーツ
バンパー、ドアノブ、サイドモールなどに
未塗装パーツ
をよく見かけます。
未塗装の樹脂パーツは新車時には黒々と光沢していますが、
何も対策しなければ徐々に強い紫外線や天候の影響を受け劣化して
白色化(白ボケ)していきます。
今ではツヤ出し剤などで一時的に光沢を復元させていましたが、
雨などに対する耐久性が全くなく すぐに元の白ボケ状態に戻ってしまうのが
悩みでした。 その様な悩みを解消する目的で誕生したのが、
樹脂パーツ専用コーティング剤です。
樹脂パーツ専用コーティング剤はガラス質のコーティング皮膜を形成させ
長期持続(1年間)を実現させました。
コーティング施工する事により汚れの付着もしにくくなり、
本来の黒々とした光沢を演出!
紫外線のダメージにも強くなり耐候性が向上!
白色化(白ボケ)する事を出来る限り防止します。
特に未塗装の樹脂パーツ専用コーティングは、車のパーツが汚れていない
新車時の施工が一番オススメです。
又 本来専門業者様にお願いすれば 一台約50,000円位 費用が
かかりますが ご自分で施工する事によりその費用が節約できて大変お得です!



「樹脂パーツ専用コーティング施工マニュアル」  監修 http://defense-pro.com/

b0142345_18184359.jpg
施工する樹脂パーツ表面の汚れを
キレイに洗い流します。

水分を完全に除去してください。
又 汚れが残っていると
コーティング効果が半減します。




b0142345_18223551.jpg
樹脂パーツ専用コーティング剤を

少量スポンジに付け上下左右に

充分に伸ばしていきます。



b0142345_18264340.jpg

全体に均一に塗布できて

樹脂パーツの光沢が復活したら完成です。


                      
         詳しくは→ コチラ(^^♪
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-22 18:34
☆新車・黒い車購入時の高額コーティングはもう不要!監修 http://defense-pro.com/ 

b0142345_1734178.jpg 
【自分でコーティング】
・自分で新車をコーティング、素人でもプロ級の光沢・艶!
・高級外車・黒い車の方にも大人気!


【超簡単施工!】
・女性でも安心 シュッとスプレーして
 サッと拭き伸ばすだけで施工完了♪

     ※ 超簡単コーティング動画コチラ

・お忙しい方には、撥水カーシャンプー
 シャンプーするだけで艶出し・撥水効果30日持続!

     ※超撥水シャンプーの動画コチラ


【お得!!!】
b0142345_17283860.gif


・ボディー・窓ガラス
・メッキ・ホイールなどこれ一本
コーティング剤でO.K!  →※ なぜこれ1本でOKなのか?
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-20 17:49 | 洗車方法
汚れ放置など塗装面劣化による光沢、艶の減少防止。  http://defense-pro.com/

b0142345_1165317.jpgb0142345_1172062.jpg






安易に考えがちな汚れの放置ですが、
現在は汚れの中に酸性大気汚染物質が多く含まれていたり、
強い紫外線が大量に降り注ぎ塗装面を劣化させるダメージは強烈になっています。
何の対策もせずに汚れを放置すると大切な塗装面が劣化を続け
本来のすべる様な滑らかさが失われ、
ボディー全体が酸などの侵食でザラザラに変化していきます。
ザラザラになってしまった塗装表面には容易に汚れが付着しやすくなるので、
更にドンドン汚れが酷くなる悪循環に入ってしまいます。
コーティングを施工しておけば、
何も対策しないお車に比べ光沢、艶の減少防止は一目瞭然です。

                                    監修→ http://defense-pro.com/
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-20 11:12 | 洗車方法
『花粉飛散によるダメージ対策、コーティング施工!』  監修http://defense-pro.com/
※ 冬の寒さにより洗車を敬遠しがちな1、2月は特に注意!

花粉の飛散が本格化するのは毎年1月~6月頃までです。
この時期は同様に黄砂の飛来にも重なるため 黄色い同色系の汚れと間違って
黄砂が治まる時期まで洗車、コーティングを見送ってしまいがちです。
しかしそうなると花粉の飛散から一定期間が経ってしまい、気付いた時には
深刻な塗装被害になっており、すでに手遅れになっているケースが多々あります。

花粉はアミノ酸などをはじめとする養分の塊であり、花粉はこの時期 結露や酸性雨
によってボディー塗装表面に付着し紫外線がその上に降り注ぎ 養分である酸が溶け出し
塗装のクリアー層を侵してシミや陥没につながります。
上記の様に花粉のダメージは非常に即効性が高いので、大量に飛散する時期が来る前に
適切なコーティング対策が必要になってきます。
もし、塗装面が侵食され損傷した場合は、
塗装による補修と言う最悪のケースになってしまいます。
そうならない為にも早めのコーティング施工をオススメいたします。
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-19 07:54 | コーティングの性能
『車の窓ガラス』掃除方法! http://defense-pro.com/

b0142345_18503733.jpg

ガラスの油膜、

ウロコ状のシミ除去マニュアル






b0142345_18525618.jpg
初めにボディー全体を

水洗いかシャンプーした後

超吸水タオルで水分を充分に拭き取ります。






b0142345_18554462.jpg
今回はガラス専用水垢落しと

ハイブリッドスポンジを使用。

酷いガラス汚れを磨く為に開発されました。






b0142345_18574815.jpg

スポンジに少量のガラス専用水垢落しを付けて

ガラス表面を上下左右に磨いていきます。






b0142345_1859193.jpg
ガラス専用水垢落しは、ペースト状になっていて
新研磨成分・超微粒子セラミック・活性剤で
油膜、水垢をカットします。

ガラス専用水垢落し施工後は乾いたタオルで
キレイに拭き上げでください。




b0142345_1911480.jpg
最後に、

ガラス専用クリーナーを使用して

キレイに拭き上げます。




b0142345_1935673.jpg
ガラス専用クリーナーは

タバコのヤニ、手垢などの汚れ落ちも

バツグンで内窓を掃除する時にも最適です。



※ 今回使用したアイテムは
b0142345_1963060.jpg

ガラス専用水垢落し



b0142345_199457.jpg

ガラス専用クリーナー



b0142345_1981396.jpg

ハイブリッドスポンジ


                               
                         解説→ http://defense-pro.com/
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-18 19:21 | 洗車方法
『黄砂に対する洗車方法(マニュアル)』   http://defense-pro.com/
b0142345_1802057.jpg黄砂とは中国内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など乾燥地域で強い風によって地上数千メートルまで巻き上げられた土壌、鉱物粒子が偏西風によって日本に飛来し大気中に浮遊したり降下する現象を言います。黄砂には主に粘土鉱物カルシウムが多く含まれている理由から車のボディーに付着すると
きつい汚れの原因になります!
b0142345_1832373.jpg
黄砂は通常のホコリに比べ

ボディーにキズが付きやすいので出来るだけ

ソフトの水流を大量に天井から流していきます。




b0142345_1814364.jpg
天井に黄砂が残っていると

ドアなど下部のパネルに

キズが付いてしまいますので

念入りに洗い流します。



b0142345_1818210.jpg左画像の様に

天井の隅やルーフモール周辺は、

特に黄砂が溜まりやすい
ので

特に慎重に洗い流します。




b0142345_18193717.jpg
ボンネットも

出来るだけソフトな水流を大量に流してください。

ヘッドライト、バンパー周辺も念入りに流します。





b0142345_18212019.jpg

ドアガラス周辺も黄砂が入り込みやすいので

目視で注意しながら流します。





b0142345_18224286.jpg

次の下準備  汚れを落とすシャンプー

可能な限り泡立てておきます。





b0142345_18321296.jpg
スポンジにシャンプーをたっぷり含ませて

リラックスして力を入れずに

塗装表面を滑らす様な感覚
で洗います。





b0142345_18352863.jpg

今回はディフェンスシャンプーを使用していますので

洗車と同時に撥水効果も復元できました。






b0142345_18343469.jpg

Fガラス、ワイパー周辺も黄砂が溜まりやすいので

シャンプーでしっかりと洗い流してください。






b0142345_1845666.jpg
黄砂洗車マニュアルにそって作業したので

ボンネットもキズ付く事なく

美しい写り込みを取り戻せました。





b0142345_18465965.jpg

天井、ルーフモール周辺も

とてもキレイに仕上がっています。




b0142345_1848066.jpg

2月~5月にかけての最大の悩み。黄砂で汚れてしまった車の洗車。
正しい洗車方法を実行して頂ければ 上の画像の様に
黒い車でも、本当に気持ちの良い光沢、艶を取り戻す事が可能になります!

                                      監修→http://defense-pro.com/
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-14 19:02 | 洗車方法

エコカー 洗車。

【トヨタ・プリウス 兵庫県 女性】

b0142345_18483222.jpg


                         http://defense-pro.com/


b0142345_185015.jpg
b0142345_18501493.jpg

b0142345_18511662.jpg


    ※来月で新車から3年経ちますが、今日も新車と間違われました(^^♪
                             詳しくは、コチラ→ ディフェンス・コーティング
[PR]
by machinaga1968 | 2010-01-13 18:55 | 洗車方法